やばい?今後のパチンコ業界について


こんにちは管理人のゴリアスです。

先週僕が休日出勤で圧倒的成長している間に大半のホールが休業して、

大阪では府知事が営業しているホールを公開(晒し)し、

そのホールは今も批判や誹謗中傷の電話が鳴り止まずやむ得なく休業しているホールも出ているようです。

今回はそれについてと今後のパチンコ業界について考察していきたいと思います。

今現在営業しているホールがボロクソ叩かれている件

先週末府知事が営業しているパチンコ店を公表したことを皮切りに、未だに営業しているホールがネットやニュースといったメディアで取り上げられ叩かれまくっています。

終いには店舗に誹謗中傷の電話や嫌がらせが多発しており、

強制的に休業に持ち込まれているホールも続出しています。

自粛はあくまで任意であって強制でありません、

なのにこれは公開することで世間からバッシングされ同調圧力により、半強制的に休業に追い込まれていると感じました。

まぁ大半のホールが自粛しているので叩かれやすいっちゃ叩かれやすいですが・・・。

結局の所、営業しているホールのせいでパチンコ業界全体がとばっちりで批判されまくっている感が否めません。

今後のパチンコ業界はどうなる?

僕が知るだけで約この二週間で13店舗がなんと倒産(閉店)しました。

僕が知らないところを含めGW明けまでに約100店舗程閉店に追い込まれるのでは無いかと思っています。

そしてもし緊急事態宣言が5/7になっても解除される自粛延長の場合は、

全国の10%のパチ屋特に中小ホールが閉店すると考えています。

今の所、5/7まで耐えればなんとかなるかもと考え、

その為に休業しているホールにとって、延長というのはいつ終わるのか目標が失い、

このまま維持費だけを払うよりは倒産した方が良いという経営判断を行なわざるを得ないホールも発生してきます。

そしてそれに伴い、パチンコのライターや編集者会社も同時に大打撃を受けます。

とりあえず今現在

パチンコ業界がやばいということは間違いありません。

再開したら大半の店舗はベタピンに

当たり前ですが、赤字を回収する為に上や上司から店長に過酷なノルマが課せられ、

ぶっこ抜き営業に当面はなると思います。


逆に言えばその間はハイエナのチャンスですが・・・。

まとめ

政治家や有名人がゴチャゴチャとパチンコ業界を批判しているせいで、

世論からも批判されまくっているパチンコ業界ですが、いち早く復活しパチスロを打てる日常に戻る事を管理人は願ってます。

暇つぶしに読んでみてください⬇︎

管理人が10万負けた稼働日記

応援クリックお願い致します

ブログ村クリック